手作りビールと健康について


 

実をいうと、手作りビールはとても健康的な飲み物なのです。ビールは身体に悪いとどうしても思われがちですが、手作りビールの場合は違うのです。その理由をお話ししましょう。

ビール酵母にはビタミンB群や20種類以上のアミノ酸、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。含まれているアミノ酸のうち8種類は身体に必要不可欠なもので、しかも体内で生成できないものです。またビフィズス菌などの整腸作用のある細菌が、腸内で増えるために必要な栄養素も含まれています。

手作りビール300〜350mlの中には、酵母菌が300~500億個体以上も含まれています。凄い数ですよね。ですから手作りビールを飲むと胃や腸が丈夫になり、身体に良いというのは当然ですね。

市販のビールは酵母は濾過されています。これは味の品質を安定させるためです。この濾過した酵母をどうしているかと言うと、これを原料にして「エビオス錠」や「強力わかもと」という指定医薬部外品として販売しています。この2つとも胃腸の働きを活発にしたり、栄養補給できることを目的にしていますから、ビール酵母がいかに身体に良いことがわかりますね。

 

市販のビールと手作りビールの違いは? ←前へ 次へ→ 手作りビールは飲めるまで何日くらいかかるの?

ビール作りのトップへ



トップページへ  チュートリアルのトップページに戻る